ハリネズミのジレンマ

言葉を覚えるのも理解するのも苦手です。よく間違えて覚えています。

このブログは個人の感想です

個人的に書きたい事を書いています。

47歳にもなって仕事でも文章を書くのですが、頭悪いので文章が下手です。

でも誰かに読んで良いねしてもらいたい欲求はあるので書いていくうちに良くなるかも。。

■愚痴

愚痴はホントに愚痴で見て気分を害するかもしれないで、読まない良いです。

本当に仕事の愚痴です。

読み応えある愚痴を目指していますw

 

■副業ネタ

副業で、ハンドクラフトをやっています。というか始めました。

ここでは宣伝しません。

そちらは、少ししかないけれど、自分の比較的マシな所だけを寄せ集めて良い人のフリをしていますのでw

 

今年から子供が大学生になるので、少しでも副業で稼ぎたいのでネットマーケティングを試行錯誤しているので、備忘録を書いていきます。

 

もしかしたら、役に立つかもしれないし立たないかもしれない。

 

■本のレビュー

本は基本的に図書館を利用かAmazon Prime Readingを利用しています。

でも、手元に置いておきたい本は買います。

 

レビューのレベルは2段階、図書館利用か購入すべきか。。。。

物を減らして、生活をシンプルにしたいですが自分らしさを本棚で表現したいので、購入は良し悪しではないかも。。。

 

オフ時間の使い方

業務前、業務中のオフの時間の使い方ですが体感的な感想。

 

あまり、オフ時間に気を抜きすぎるのは良くない。

例えば、ゲーム、漫画、ドラマなどなど…

最近はスマホでなんでも出来てしまうので、オフ時間にゲームなんて人も多いかと思うけれど,気を抜きすぎると業務への集中力が回復しなくなります。

 

出来ればスマホを手放してビジネス書あたりを読んでおくのが良いかと思う。

散歩とか日光浴、昼寝なんて使い方の方がむしろ良いかもしれない。

 

ビジネス系や技術系のブログもありですね。

長期休暇明けの仕事の進め方

長期休暇明けの仕事の進め方がとても悪い。

仕事に身が入っておらず、集中力が無い。

感覚的には半分くらいの時間が無駄になってる。

それくらい生産性が下がってしまっている。

 

 

休みをキチンと取ることは重要だが、出来ればメリハリを持って仕事をしたい。

冗談めかして、リハビリなんて言うけれど自分の望む姿はそんなのではないのだから、休み前に何をするか準備しておくなど、何かしらの手を打つべきではある。

 

20年以上社会人をやってるのに本当に情けないなぁ。

 

 

1週間サマリー

今週1週間のサマリー。

 

 

TL;DR

  • 業務中にスマホを見なくなった。
  • ポモドーロテクニックが効果がある。
  • 朝のルーティンで手帳に記述がするのが良い。
  • 筋トレで腰痛が解消された。
  • 依頼した内容を忘れた。
続きを読む

思考が迷子になる

睡眠時間を6時間以内で生活していると、48時間徹夜してるのと同じ認知能力になるって話を聞いて納得したのだけど、昨日5.5時間しか寝なかったら思考が迷子になりました。

 

以前からもたびたび起きていたのですが、理由がわかりました。

 

上手く言葉に出来ないのだが、いま考えてることとは関連も脈絡も無い関係ないことを結びつけて一緒に考えてしまう。

 

夢を見て感覚に陥るのです。

 

ひとまず、睡眠時間は7時間をキープする様にします。

 

甘いジュースを飲んだらイライラがおさまった。

昨日、次男がインターハイの予選で少し離れた学校に行っていたそれを迎えに行く事になったのだが、何故かイライラしている。

 

原因はよくわからないがイライラ。

出かける前に妻の行動がきっかけなのだが、そのあとずっとイライラ。

 

車を運転しながら、妻の過去の言動にもイライラしてる。

 

前を走る車のカーブへの侵入速度もイライラするし、挙げ句の果てには前に走っている車のシールにもイライラし始める始末。

 

車の運転に支障が出ても嫌なので、ひとまず見かけた自販機に駆け寄り炭酸が入っていて甘い飲み物を選択。

アレルギンとかいう、よくわからない飲み物を飲んで気持ちが収まりまりた。

 

イライラが収まらなくなったら、甘い飲み物を摂取する様にすると良さそう。

 

1週間サマリー

今週1週間のサマリー。

 

 

TL;DR

  • 10分間ルールを適用してみた
  • 始業前は瞑想する事で集中力が出てきた。
  • 手が進まない時は5W1Hを書き出すことから始めたらうまくいった。
  • お昼前、終業まえに手が止まる事があるのでどうしよう。
  • 文言が混在するから対策しないといけない
続きを読む